【最高峰】そのまま飲んでOKなオリーブオイル3選【NGなのもある?】

【最高峰】そのまま飲んでOKなオリーブオイル3選【NGなのもある?】

オリーブオイルって飲んでも大丈夫なの?

飲むと健康や美容に良いってのは本当?

飲んでOKなオリーブオイルはどれ?

そんな人向けの情報となります。

オリーブオイルが体に良いと、聞いたことのある人も、多いのではないでしょうか。近年では、そのまま飲むことで、日常的にポリフェノールを摂れると、健康や美容に気をつける人たちから注目されています。

本記事でわかる内容はこちら。

  • そのまま飲んでOKなオリーブオイル3選【最高峰】
  • 飲めるオリーブオイルのOKとNGの違い【選び方】
  • 飲むオリーブオイルに期待する3つの効果【まとめ】

飲むオリーブオイルは、正しく選ぶことが大切です。日本は、国際オリーブオイル協会が定める基準を採用しておらず、オリーブオイルの概念がゆる〜くなっています。

avatar

そのまま飲んでOKなオリーブオイル3選【最高峰】

そのまま飲んでOKなオリーブオイルはこちら。

最高峰を3つピックアップしてみました。

  キヨエ (Kiyoe)
  ゴヤ  (GOYA)
  プラネタ(PLANETA)

最重要ポイントは「エキストラバージンオリーブオイル」であることです。化学的に手が加えられていない、天然のオリーブジュースは、飲むオリーブオイルとして活躍します。

ただ、注意が必要なのは・・・

日本のオリーブオイル基準はゆるい!

日本では、国際オリーブオイル協会が定める基準を採用していません。そのため、JAS(日本農林規格)の「酸価2.0以下であること」を満たすと、全てオリーブオイルになります。

比較してみると・・・

国際基準 日本基準
エキストラバージン オリーブオイル 酸度0.8%以下 オリーブオイル 酸価2.0mg以下(酸度=酸価×0.503)
バージン オリーブオイル 酸度2.0%以下
オーディナリーバージン オリーブオイル 酸度3.3%未満
ラパンテバージン オリーブオイル 酸度3.3%以上

他にもこんな違いがあります。

  • 国際基準 → 味と風味をテイスターがチェック
  • 日本基準 → 特有の香味を有し、おおむね清涼

日本にはエキストラバージンオリーブオイルの基準がなく、認定テイスターによるチェックもないため、飲んでOKなオリーブオイルが不明瞭なのです。

(o;ω;o)ウゥ

この違いが「本物」や「偽物」という表現が生まれてしまう要因の一つ。日本で飲むオリーブオイルを選ぶ場合、きちんとした見極めが大切です。

avatar

キヨエ『オリーブジュース100%オイル』

ミシュランシェフも使う本格派

キヨエの3つの魅力がこちら。

  • 土まで食べられるこだわりの農場
  • ノンフィルター製法による最高品質
  • トランス脂肪酸0、コレステロール0

キヨエに使われるオリーブは、土まで食べられるこだわりの農場でつくられています。無添加はもちろん、トランス脂肪酸0、コレステロール0の安心オリーブオイルです。

手間と時間のかかる、ノンフィルター製法を採用しており、エキストラバージンでも最高品質の逸品。ミシュランシェフも愛用する、本格派のオリーブオイルです。

avatar

購入者

おいしい。様々なオリーブオイルを使ってきましたが、これは最高峰と言えます。

\ 最高峰のオリーブオイル! /
『キヨエ』の公式ページはこちら
Amazonでチェックするならココ

ゴヤ『エキストラバージンオリーブオイル UNICO』

OLIVE JAPANで金賞受賞

ゴヤの3つの魅力がこちら。

  • 国際オリーブオイルコンテストで金賞受賞
  • 厳選オリーブでつくられる数量限定品
  • 酸度0.4%以下という圧倒的な品質

ゴヤ(GOYA)のエキストラバージンオリーブオイル UNICOは、OLIVE JAPAN 国際オリーブオイルコンテストで、金賞受賞の世界的に認められた逸品です。

厳選オリーブを手積み収穫し、低温抽出製法で搾油した、数量限定品となっています。エキストラバージンの基準である、酸度0.8%以下を大きく上回る、圧倒的な品質です。

avatar

愛用者

クセは強くないのに、風味がよく 何にでも合うオリーブオイルだと思います。カプレーゼ、サラダのドレッシング、パンに付けて食べるなど毎日のように使っています。

\ OLIVE JAPANで金賞受賞! /
『GOYA』オリーブオイルはこちら
楽天市場でチェックするならココ

プラネタ『エキストラバージンオリーブオイル』

イタリアの名門ワイナリーが手掛ける

プラネタの3つの魅力がこちら。

  • シチリアを代表する名門ワイナリーが手掛ける
  • 早摘みオリーブによるフレッシュなオイル
  • 豊かな香りとスパイシーでフルーティな味わい

プラネタ(PLANETA)は、イタリア・シチリアを代表する名門ワイナリーです。そのオリーブオイルは、通常より15日ほど早く収穫した、早摘みオリーブを使ったフレッシュな仕上がり。

鮮やかで美しい緑色に、ハーブや柑橘類を想わせる豊かな香りと、スパイシーでフルーティな味わいが特徴です。EU(欧州連合)で、食品の品質や安全性を保証する、IGPに認定されています。

avatar

60代男性

香り、味共に非常にうまい。これまで、いろいろなオリーブオイルを使ったが、今までの中では一番かな。

\ 名門ワイナリーが手掛ける! /
『PLANETA』オリーブオイルはこちら
楽天市場でチェックするならココ

飲めるオリーブオイルのOKとNGの違い【選び方】

飲むオリーブオイルは、エキストラバージンが前提です。ただ、JAS(日本農林規格)には、その基準がないため、何を信じれば良いかわからない人もいるでしょう。

飲んでもOKとNGを判断するならココ。

  • 酸度が世界基準0.8%以下である
  • 生産地や生産者などが信頼できる
  • 適正価格かつ公開情報が多い

こちらの3つのチェックしましょう。

(。 ・ω・))フムフム

酸度が世界基準0.8%以下である

酸度が0.8%以下であること。

日本にはエキストラバージンオリーブオイルの基準がありません。そのため、国際オリーブオイル協会が定めている、酸度0.8%以下が飲んでOKかの判断ポイントになります。

生産地や生産者などが信頼できる

生産地や生産者が信頼できること。

単純に大手だから大丈夫とはなりません。オリーブがどこで栽培され、いつ収穫され、どのようにオリーブオイルなったかがわかると安心です。逆にそれらの情報がわからないものは、信頼性が低いと考えられます。

適正価格かつ公開情報が多い

適正価格で公開情報が多いこと。

こちらは裏技に近いですが、御参考まで。

エキストラバージンオリーブオイルは、手間のかかる希少なものであるため、高価なものが多いです。そのため、極端に安いものは、要注意となります。

もう1つは、商品ラベルや商品ページの情報が多いことです。生産地域、生産者名、収穫年月日、オーガニック認証有無など、公開情報が多いほど、高品質となる傾向があります。

飲むオリーブオイルの選び方をおさらいすると。

  • チェック①:酸度が0.8以下である
  • チェック②:生産地や生産者が信頼できる
  • チェック③:適正価格で公開情報が多い

こちらの3つのポイントを押さえましょう。

飲むオリーブオイルを、正しく選べるようになったら、自分好みの味を探してみると良いでしょう。

avatar

先の3つをマイルドな味わいで並べると・・・

キヨエ > ゴヤ > プラネタ

  マイルドなら『キヨエ(Kiyoe)』
  どっちか迷ったら『ゴヤ(GOYA)』
  スパイシーなら『プラネタ(PLANETA)』

飲むオリーブオイルに期待する3つの効果【まとめ】

飲むオリーブオイルにはどんな効果があるのか。

期待できるのはこちら3つとなります。

  • アンチエイジング(若返り・美肌につながる)
  • 生活習慣病の予防(がん・脳卒中のリスク減)
  • 腸内環境を綺麗に(便秘解消でストレスなし)

オリーブオイルは、抗酸化作用のある、オレイン酸をたくさん含んでいます。そのため、アンチエイジングや生活習慣病の予防に期待できるのです。腸内環境を改善し、便秘解消にも一役買ってくれます。

ただ、、、

飲み過ぎはダメで、1日大さじ2杯まで。

オリーブオイルは、大さじ1杯で111kcalほど、バター(大さじ1杯で89kcal)より高カロリーです。抗酸化作用があるものの、毎日適量をとるのが望ましいでしょう。

オリーブオイルはそのまま飲むもOK、調理で使うもOKです。というのも、オレイン酸は熱に強く、調理で使っても摂取可能だから。ただ、香りが弱まることがあるため、仕上げにもサッと加えると、香りまで楽しむことができます。

avatar


以上、

飲むオリーブオイルについてでした。

今回ピックアップしたのはこちら。

ポチッとすると上に戻ります。
良かったら御利用くださいませ。

  キヨエ『オリーブジュース100%オイル』
  ゴヤ『EVオリーブオイル UNICO』
  プラネタ『EVオリーブオイル』

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

人気記事【限定価格】「キヨエ」オリーブオイルが安くなる?【格安のまとめ買い】

オリーブオイルカテゴリの最新記事