【解説】ベースフードの原材料まとめ!【なぜ栄養価が高いのか?】

【解説】ベースフードの原材料まとめ!【なぜ栄養価が高いのか?】

ベースフードの原材料はなんだろう。

ベースフードはなぜ栄養価が高いの?

ベースフードは安心して食べられる?

そんな人向けの情報となります。

BASE FOOD(ベースフード)は、1日に必要な栄養素の1/3がとれる、完全栄養食※です。毎日忙しく生活している現代人にフィットする、新しい主食として注目を集めています。

※栄養素等表示基準値に基づき、脂質・飽和脂肪酸・n-6系脂肪酸・炭水化物・ナトリウム・熱量を除いて、すべての栄養素で1日分の基準値の1/3以上を含む。以下略。

食べるタイプの完全栄養食

従来の飲むタイプとは異なり、パンやパスタを食べるタイプであり、食べ応えはもちろん、腹持ちがいいのも魅力です。ただ、そこまで栄養価が高いのはなぜか、その原材料が気になる人も多いでしょう。

ベースフードは安心して食べられるのか。
詳しくチェックしてみました。

  • ベースフードの原材料まとめ(全商品)
  • ベースフードの原材料と栄養のひみつ
  • ベースフードは合成保存料の使用なし
  • ベースフードには一部アレルギーあり
  • ベースフードの製造所は全て日本国内

ベースフードは「かんたん、おいしい、からだにいい」の三拍子揃った、新しい主食です。仕事や趣味にがんばる人や、筋トレやダイエットにはげむ人から支持されています。芸能人の利用者も多いです♪

avatar

ベースフードの原材料まとめ(全商品)

ベースフードの原材料をまとめてみました。

ベースフードのラインナップはこちら。

  BASE BREAD プレーン
  BASE BREAD チョコレート
  BASE BREAD メープル
  BASE BREAD シナモン
  BASE BREAD カレー
  BASE PASTA アジアン
  BASE PASTA フェットチーネ

1つずつ詳しくみていきましょう。

BASE BREAD プレーン

プレーンパンの原材料です。

小麦全粒粉、小麦たんぱく、還元水飴、大豆粉(遺伝子組換えでない)、もち米、発酵種、鶏卵、ライ麦全粒粉、小麦胚芽、米ぬか、バター、食用こめ油、チアシード、パン酵母、米酢、食塩、小麦粉、海藻粉末、粉末油脂、真昆布粉末、サトウキビ抽出物、酵母/酒精、調味料(無機塩)

BASE BREAD チョコレート

チョコレートパンの原材料です。

チョコレートフラワーペースト(ゼラチン・乳成分を含む)、小麦全粒粉、小麦たんぱく、還元水飴、大豆粉(遺伝子組換えでない)、もち米、発酵種、鶏卵、食用こめ油、ライ麦全粒粉、小麦胚芽、米ぬか、チアシード、パン酵母、米酢、食塩、小麦粉、海藻粉末、粉末油脂、真昆布粉末、サトウキビ抽出物、酵母/酒精、加工でん粉、調味料(無機塩)、香料、増粘多糖類、pH調整剤

BASE BREAD メープル

メープルパンの原材料です。

メープル味フラワーペースト、小麦全粒粉、小麦たんぱく、還元水飴、大豆粉(遺伝子組換えでない)、もち米、発酵種、鶏卵、ライ麦全粒粉、食用こめ油、小麦胚芽、米ぬか、チアシード、パン酵母、米酢、バター、食塩、小麦粉、海藻粉末、粉末油脂、真昆布粉末、サトウキビ抽出物、酵母/酒精、加工でん粉、調味料(無機塩)、着色料(カラメル)、増粘多糖類、香料

BASE BREAD シナモン

シナモンパンの原材料です。

小麦全粒粉、シナモンフィリング(砂糖、ショートニング、シナモンパウダー)、小麦たんぱく、還元水飴、大豆粉(遺伝子組換えでない)、もち米、発酵種、鶏卵、ライ麦全粒粉、食用こめ油、小麦胚芽、米ぬか、チアシード、パン酵母、はちみつ、米酢、バター、食塩、小麦粉、海藻粉末、粉末油脂、真昆布粉末、サトウキビ抽出物、酵母/酒精、調味料(無機塩)、増粘剤(加工でん粉)、香料、乳化剤、酸化防止剤(ビタミンE)

BASE BREAD カレー

カレーパンの原材料です。

原材料:カレー(国内生産)(小麦・卵・乳成分・牛肉・大豆・豚肉・りんごを含む)、鶏卵、小麦全粒粉、大豆粉(遺伝子組み換えでない)、小麦たんぱく、食用植物油脂、還元水飴、発酵風味液、もち米、米ぬか、乳たん白、砂糖、チアシード、米酢、食物繊維、ドロマイト、ターメリック、食塩、クミン、真昆布粉末、粉末油脂、酵母、サトウキビ抽出物/膨張剤、酒精、調味料(無機塩等)、酸味料、着色料(カラメル、カロテノイド)、香辛料抽出物、香料

BASE PASTA アジアン

アジアンパスタの原材料です。

小麦たんぱく、小麦全粒粉、小麦胚芽、大豆粉(遺伝子組換えでない)、米ぬか、卵黄粉末(卵を含む)、卵白粉末、発酵調味料、アマニ油、還元水飴、調味酢、米酢、粉末油脂、真昆布粉末、酵母 / 加工でん粉(食感向上、打ち粉)、調味料(無機塩)、酒精、酵素(乳を含む)、アルギン酸カリウム、栄養強化(V.C、V.E、ナイアシン、パントテン酸Ca、V.B1、V.B6、V.B2、V.A、葉酸、V.D、V.B12)、卵殻カルシウム、V.C

BASE PASTA フェットチーネ

フェットチーネパスタの原材料です。

小麦たんぱく、小麦全粒粉、小麦胚芽、大豆粉(遺伝子組換えでない)、米ぬか、卵黄粉末(卵を含む)、卵白粉末、発酵調味料、アマニ油、還元水飴、調味酢、米酢、粉末油脂、真昆布粉末、酵母 / 加工でん粉(食感向上、打ち粉)、調味料(無機塩)、酒精、アルギン酸カリウム、栄養強化(V.C、V.E、ナイアシン、パントテン酸Ca、V.B1、V.B6、V.B2、V.A、葉酸、V.D、V.B12)、卵殻カルシウム

ベースフードの原材料と栄養のひみつ

※推定値。栄養素等表示基準値(18才以上、基準熱量2,200kcal)に基づき、1日分の基準値の1/3を1食分とした場合。

ベースフードの原材料がわかったところで、なぜ栄養価が高くなるかをチェックしていきます。1日に必要な栄養素の1/3がとれる、完全栄養食※のひみつに迫りましょう。

ポイントとなる原材料がこちら。

  小麦全粒粉
  小麦胚芽
  米ぬか
  真昆布粉末
  チアシード

ベースフードの主原料は、小麦全粒粉です。お米でいうところの玄米にあたり、ミネラルやビタミンが豊富に含まれています。そこに高栄養の原材料を合わせて、足りない栄養を補完。完全食※に仕上げています。

小麦全粒粉

小麦全粒粉(こむぎぜんりゅうふん)は、小麦をまるごと粉状にしたものです。小麦粉が胚乳(実の部分)だけ用いるのに対し、小麦全粒粉では表皮や胚芽もすべて粉にしています。

小麦全粒粉と小麦粉は、お米でいう精米と玄米にあたり、栄養価が高いです。ミネラルやビタミンが豊富で、食物繊維や鉄分は3倍程も多く含まれています。

小麦胚芽

小麦胚芽(はいが)は、小麦の芽になる部分のこと。小麦の粒は、小麦粉になる胚乳が約80%を占め、表皮を除いた胚芽部分は1〜2%しかなく、希少性の高い原材料です。

そんな小麦胚芽は、小麦粉になる段階で減ってしまう、たんぱく質、脂質、食物繊維、カリウム、リン、ビタミンEなど、栄養素がたっぷり含まれています。

米ぬか

米ぬかは、玄米を精米するときに出る、お米の皮や胚が粉状になったもの。白米より玄米が体に良いとされているのは、米ぬかにたっぷり栄養が含まれているからです。

小麦胚芽と同じく、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルなど、多くの栄養素を含んでいます。その栄養価の高さは、玄米の栄養素の9割と言われるほど。白米になると1割まで減少してしまうのです。

真昆布粉末

真昆布粉末は、真昆布(まこんぶ)を粉末状にしたもので、料理するときの出汁や調味料で活躍します。日本料理では最高級とされる昆布で、もっとも歴史が古く、もっとも使われている昆布です。

昆布にはカルシウム、鉄分、ナトリウム、ヨウ素などが含まれています。準完全栄養食品とされる牛乳よりも、ミネラルが約23倍、カルシウムが約7倍、鉄分が約39倍という、圧倒的な栄養価の高さです。

チアシード

チアシードは、海外セレブに人気のスーパーフードです。その豊富な栄養素から健康や美容に良いとされ、ハリウッドスターも愛用しています。

チアシードは、シソ科植物の種です。たんぱく質、α-リノレン酸、食物繊維、カルシウム、セレン、鉄、亜鉛などが含まれています。栄養価も高く、チアシードと水で生きていけると言われるほどです。

BASE FOODのパンやパスタは、小麦粉の代わりに小麦全粒粉が使われているため、栄養価が高いです。また、高栄養の原材料を合わせることで、完全栄養食に仕上げています。

avatar

\ 1日に必要な栄養素の1/3を摂取! /
ベースフードの公式ページはこちら

カロリーが気になる人はこちら。<(_ _)>

ベースフードは合成保存料の使用なし

ベースフードは合成保存料の使用なしです。

  • 合成保存料の使用なし
  • 合成着色料の使用なし
  • 合成香料の使用なし(パスタのみ)

毎日安心して食べられるよう、合成保存料や合成着色料を使用せず、余計な添加物を使わないよう配慮されています。パスタは合成香料の使用もありません。

ベースフードには一部アレルギーあり

ベースフードのアレルギー物質はこちら。

製品 アレルギー物質
BASE BREAD プレーン 小麦・卵・乳・大豆
BASE BREAD チョコレート 小麦・卵・乳・大豆・ゼラチン
BASE BREAD メープル 小麦・卵・乳・大豆
BASE BREAD シナモン 小麦・卵・乳・大豆
BASE BREAD カレー 小麦・卵・乳・大豆・牛肉・豚肉・りんご
BASE PASTA アジアン 小麦、大豆、卵、乳
BASE PASTA フェットチーネ 小麦、大豆、卵

アレルギーがある人は注意しましょう。

ベースフードの製造所は全て日本国内

ベースフードは全て国内製造です。

3つの製造所がこちら。

  • 伊藤製パン株式会社
  • 株式会社オイシス
  • 株式会社カンノ(菅野製麺所)

伊藤製パンさんは、2020年に創業100年を迎えた、老舗のパンメーカーです。オイシスさんは、関西で9つの工場を運営する、総合食品メーカーとなります。

カンノさんは菅野製麺所を運営しており、関東のラーメン店2,400店舗に生麺を卸している、麺作りのプロフェッショナルです。

BASE FOODは、合成保存料や合成着色料が未使用であることはもちろん、日本国内で製造されいていることも、安心感に繋がります。

avatar


以上、

ベースフードの原材料についてでした。

まとめると…

  • ベースフードの主原料は小麦全粒粉
  • 高栄養の小麦胚芽、米ぬか、昆布を使用
  • スーパーフードのチアシードの使用あり
  • 合成保存料など余計な添加物は使用なし
  • ベースフードの製造所はすべて日本国内

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

\ 現代人にフィットする新しい主食! /
ベースフードの公式ページはこちら
人気記事ベースフードの口コミまとめ【良いところと残念なところは?】

BASE FOODカテゴリの最新記事